50代の基礎化粧品選びのポイント

50代は、肌の美容成分や女性ホルモンが徐々に減少し、これまで以上にスキンケアの重要性が高まる時期です。美に対する意識が高いと思われる芸能人でさえ、久しぶりに見ると「なんだか老けた気がする…」なんて思うことはありませんか?SNSなどで一般の方が自分の思ったことを気軽に発信できる時代にあって、体型の変化や年齢を感じさせる容貌の変化はすぐさま「劣化」と叩かれます。

その一方で、年齢を重ねてますます魅力を増している方がいるのも事実。そんな方を見ていると、意外に自然体で、必死に努力をしている感じはあまり受けませんよね?

実は、スキンケアも同じこと。50代のスキンケアは「やり過ぎ」も問題。何種類もの基礎化粧品を馴染ませながら使うことは、肌に想像以上の負担をかけているのです。使用ステップの多い基礎化粧品の方が「効きそう」な気がするため、これまでの基礎化粧品にエイジングケア効果の高いものを追加しようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

50代の基礎化粧品は、エイジングケアに必要な成分が必要な部分にしっかり届くものを選ぶことがポイント。使用ステップが多すぎるものは肌への負担が大きいだけでなく、コストの面からも負担感がありますね。

50代と言う年代は、子育てから解放される方が多い一方、更年期障害の症状に悩まされたり、ご両親の介護など新たな問題を抱えることも少なくありません。身体の変化に戸惑ったり、中には諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。こんなときには頑張り過ぎは禁物。今の自分にとって必要なことは意外にシンプルなはずです。50代のスキンケアはこれまで以上にシンプルを心がけるのもポイント。身心ともに辛い時にはオールインワンゲルなどを使うのもおすすめですよ。

50代の基礎化粧品に「浸透力」が必要な理由

50代になると肌の美容成分が不足しがちになることも多く、乾燥肌に傾く傾向があります。「肌が乾燥しているのなら、どんな化粧品を使っても浸透するんじゃないの?」そんな風に思う方も多いかも知れませんね。でも、実は逆。50代は肌が乾燥するだけでなく硬くなるため、浸透力も下がってしまうのです。

基礎化粧品を選ぶ際、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンと言った美容三大成分を始め、セラミドやプラセンタ、メーカー独自のオリジナル成分など、配合されている成分を基準にしている方は多いと思います。でも、どんなにリッチな美容成分が配合されていても、それだけでは不十分。配合されている成分が肌の必要な部分に届かなければ、効果を発揮することはできないのです。

「基礎化粧品選びは浸透力が重要」と言うことが広く知られるようになって来たこともあり、最近ではメーカーもこの点についての説明に力を入れているようです。ナノ化と言う言葉を聞いたことはありませんか?ナノ化とは簡単に言うと、美容成分を小さくすることで浸透力を高める仕組みです。ナノ化には高い技術力を必要とするため、どのメーカーでもできると言うわけではありません。フジフィルムは写真で培った技術力でナノ化を実現、化粧品メーカーとしては後発ながら高い人気を誇ります。

ナノ化以外にも、浸透力を高める方法としてはカプセル化もあります。美容成分をカプセル化することで、必要な部分に成分を届けるだけでなく、刺激も抑えることができるのがメリット。効果的な成分は肌に刺激になることも多いものですが、高い効果と低刺激を実現していることは敏感肌に傾きがちな50代にとっては特に魅力ですね。

50代 基礎化粧品選びは配合成分+浸透力が決め手!コスパで選ぶならネット通販で買えるものがおすすめですよ。