50代の基礎化粧品|使い方のコツ

配合成分と浸透力で選んだ50代の基礎化粧品は、使い方にもこだわりたいもの。同じメーカーのものをラインで使うと、効果が発揮しやすいですが、そこはお値段との相談と言う側面もありますね。

例えば、アスタリフトの先行美容液ジェリーアクアリスタは、肌の土台作りをすることで、そのあとに使う化粧品の浸透がぐんとアップする優れもの。オールインワンゲルと組み合わせれば、お手軽ケアも可能になります。ジェリーアクアリスタはオンラインショップでも人気No.1!決してお安いとは言えないお値段ですが、それだけ効果を実感している人が多いと言うことができるでしょう。

50代はそれまで以上に基礎化粧品選びが大切な年代ですが、同時に洗顔についても見直してみましょう。メイクや汚れ、過剰な皮脂などをしっかり落とすことは基本ですが、実はそれと同じくらい大切なのが「必要な潤いを奪わない」こと。脂っぽさを感じて肌がつっぱるまで洗ってしまう人も少なくありませんが、皮脂の過剰分泌の多くは乾燥が原因。こうした「隠れ乾燥」はインナードライ肌とも呼ばれ、乾燥が皮脂の過剰を招くと言う悪循環が起きている状態なのです。

フジフィルムのファイバーフォームは、ニキビケア化粧品ながら幅広い年代に人気の洗顔フォーム。ファイバースクラブとクレイが毛穴の汚れまでしっかり落としてくれると同時に、うるおい成分がしっとりとした洗い上がりを実現してくれます。

クレイ洗顔と言えば、泡立て不要のビーグレンのクレイウォッシュも人気。必要な皮脂を取り過ぎずしっとりした洗い上がりなので、50代の女性には特におすすめですよ。

化粧水にはコットンを使っていると言う方も多いと思いますが、50代におすすめなのはハンドプレス。手のひらで押さえるように馴染ませていくのがポイントです。コットンを使う場合は、コットンの素材にこだわることも大切ですよ。

時にはパックマッサージやなどスペシャルケアを取り入れるのもおすすめ。楽しみながらエイジングケアを続けて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です